読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊☆戯☆王 頑張るモンスターズ

主に遊戯王について書いていきます どうぞご贔屓に

トポロジックボマードラゴンをうまく使いたい

皆さんこんにちは。中敷きです。

早くも夏日和に感じる今日この頃。まだ5月上旬なのに気温が30度近いとかおかしくないですか?

 

 

今回は《トポロジック・ボマー・ドラゴン》についてです。


f:id:kiribosisama:20170509120735j:image

 

孤高を好む効果や火力効果、打点などからどことなくレモンを連想させるカードですね。

アニメではハノイの騎士とやらが使う予定なんでしたっけ?

 

先日、トポロジックはアマリリスと相性が良いと聞いたので早速デッキに組み込もうと思った(というか以前紹介したレシピにも入っていた)のですが、イマイチ使いこなせていません。

原因はいくつかありまして、まずリンク4を出す手段をほぼほぼダンディライオンに頼りきっているため、効果モンスターを素材に指定しているトポロジックはニン人やプロキシーを経由しなければ出せません。

更にトポロジックとのシナジーがアマリリスにしかなく、攻撃表示を強要されるリンクは極力使いたくないため枠潰しに感じます。

とはいえ、アマリリスを能動的に何度も破壊できるため引導火力になりやすく、自身も高い攻撃力とバーン効果で火力に貢献してくれるので決して相性が悪いわけではないと思っています。

なのでトポロジックを使いやすいようにデッキを改良する方法を考えていきます。

 

 

改良案

 

  • 展開手段を増やす

マリリスカウンターは受動的なデッキなため、モンスターの大量展開はあまり得意ではありません。そのため、リンク4のトポロジックはかなり重く感じます。

それを解消するための手段として、

  1. 捕食植物出張
  2. メリアスを絡めたソリティアを取り込む

これらがデッキの形を大きく崩さずに行える変更だと思います。

 

捕食植物は、オフリスダーリングセットでブリリアントをサーチするだけで一気に4体のモンスターを展開できる上、手札のアマリリスを切ることもできるのでなかなか相性が良いのではないでしょうか。

難点は引きたくないカードが一気に増えてデッキを圧迫することです。

 

メリアスソリティア特殊召喚可能なレベル3地属性モンスター+ロンファで果てしなくぐるぐるできます。詳しいルートは忘れましたが、以前考えた時は上の2枚から先攻ワンキルまでもっていけた気がします。

こちらの問題も要らないカードが増える点です。もっとも、レベル3ならリヴァイエールなどの素材になることも出来るのでブリリアントよりは事故が少ないと思います。

 

どちらの案にも共通して言えることですが、メインやエクストラにそれ用のカードを入れなければならないため柔軟性が失われる恐れがあることには注意が必要です。

 

 

  • トポロジックと相性の良いカードを増やす

トポロジックの効果、とりわけ(1)をより有効に活用するためのカードを投入し、トポロジックを積極的に出す価値を高める目的です。

ぱっと思い付いたものでは、

  1. ドラゴン・アイス
  2. バージェストマ

あたりがよさそうです。

 

ドラゴンアイスはマイナーカードなので解説を挟みます。

 

  • 《ドラゴン・アイス》 


f:id:kiribosisama:20170509121621j:image

効果モンスター
星5/水属性/ドラゴン族/攻1800/守2200
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、
自分の手札を1枚捨てる事で、このカードを手札または墓地から特殊召喚する。
「ドラゴン・アイス」はフィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

相手の特殊召喚に反応して場に出せるモンスターです。最初に出すときはこのカード自身をコストにできるので実質ノーコストで出せます。

このモンスターは、相手ターンに手札がある限り何度でも場に出せるためトポロジックの効果を発動し放題になります。特殊召喚限定とはいえ、激流葬を何度も撃てるのは強力です。

手札のアマリリスなどを切りつつ壁を立てることができるためアマカンとの相性も悪くありません。

 

 

バージェストマは便利過ぎて最近よく使います。アマカンお得意の墓地肥やしで容易に落とすことができ、罠に反応して場に出てくるので針虫などが激流葬に早変わりするので強いです。

さらに、バージェストマの共通効果としてモンスター効果を受けないので、トポロジックの効果でも生き残ることができるお得感。

 

 

ということで早速これらのギミックを詰め込みましょう!あれ?デッキ枚数が…

芝刈ったれ!

ってな感じに今絶賛いじり中です。乞うご期待。

 

ではまた!