メロウガイストにメロメロ!

主に遊戯王、たまに他のことも書きます。メロウガイストたそ~

シャドール新規!《サブテラーマリスの妖魔》

皆さんこんにちは!

 

 

少しばかり気が早いですが、今回はEXTRA PACK 2017で登場する例のカードを見ていきたいと思います。

 

 

  • 《サブテラーマリスの妖魔》 


f:id:kiribosisama:20170715181338j:image

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/幻竜族/攻2000
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下/右下】
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

 

どう見てもシャドール新規です。本当にありがとうございました。

 

 

サブテラーというのは海外先行テーマの1つで、上級サイクルリバースモンスターを軸に戦うという何とも珍しいデッキです。

 

妖魔はそんなサブテラーのリンクモンスターなんですが、効果がシャドールと非常に相性が良いので実質シャドール新規と言っても過言ではないでしょう(適当)

 

 

指定されている素材はリバースモンスター2体。

これが緩いようで結構重いんです。

 

リバースモンスターは裏側表示での展開が多いのに対し、リンクモンスターは裏側表示のモンスターを素材にすることができません。

つまりリバーステーマとリンクモンスターは根本的に相性が悪いと言えます。(クローラーとは)

 

例えば、シャドールには蘇生屋のファルコンくんがいますが、セットでの蘇生なのでファルコンで他のシャドールを蘇生しても妖魔はリンクできません。こりゃ困った。

 

第一、リバースモンスターを表側表示で展開するのはリバース効果が使えないのでもったいない感じがします。

 

ではどうしましょうか。

答えは簡単。

 

裏側で出したモンスターをリバースさせれば良いだけです。

 

何当たり前のこと言ってんだって感じですが、結局これが一番だと思います。

リバーステーマは各々リバースさせるためのカードの1枚や2枚持っているはずなのでそれを活用しましょう。

 

クローラーなら《聖遺物の傀儡》、シャドールなら《堕ち影の蠢き》がありますね。

 

 

ですがここでも更なる問題が。

 

  • ファルコンをリバース→シャドールセット→堕ち影

もしくは

  • 相手エンドフェイズに堕ち影→ファルコンリバース→シャドールセット→次の自分のターンにシャドールリバース

 

という展開が理想なんですが、前者ではファルコンを召喚権を使わずにリバースさせる方法が別途必要ですし、後者ではファルコンの(2)を使わずに、ファルコンを相手ターンエンドフェイズにフィールドに存在させる必要があります。

 

ですので、

 

  • 相手エンドフェイズに堕ち影でファルコン落とす→次の自分ターンでファルコンリバース→別のシャドールを通常召喚

 

このルートを用いるのがベターでしょうか。

これならファルコンで蘇生したシャドールが1体残るため、妖魔の(3)に繋げることもできます。

 

 

これで妖魔を出す手段は完☆璧。

次は効果を利用していきましょう。

 

(2)はリバースモンスターを墓地に送り、手札からモンスターをセットする効果。

前半後半の脈絡がよくわかりませんが良い効果です。

 

リバースモンスターをデッキから墓地に送れるということは、任意のシャドールの(2)を発動できるということに他なりません。

単純に1アドですね。

 

手札から場にセットする効果は、召喚権が足りずに手札で腐っているリバースモンスターを展開することができるため、なかなか便利なんじゃないでしょうか。

上級モンスターでも問題なく特殊召喚できるため、可能なら禁忌の壺なんかをセットしたいところです。

 

更に言うと、リバースモンスター以外でもセットできるので単純にブルーアイズとかを出すのに使ってもいいかもしれません。

私はこの効果でオベリスクをセットしたら(5)を踏み倒せて強いんじゃないかと思ってましたが、オベリスクは裏側表示での特殊召喚ができないらしいので無理でした。

 

と、このように(2)は非常に便利な効果なんですが、この2つの効果は恐らく一連の処理なので手札にモンスターがいなければ墓地送りもできないという点には注意が必要です。

まあ手札にモンスターが居ないなんてことは滅多にないと思いますけどね。

 

 

お次は(3)。

リンク先のモンスターがリバースした時リバースモンスターをサーチサルベージできる効果です。

 

サーチサルベージは優秀なんですが、リバースさせるのにはまた一苦労かかりそうですね…

 

ここまでの話だと妖魔を出すために堕ち影を使うということになっていたので、更に他にリバースさせる手段を用意しなければならないでしょう。

 

流石に相手にリバースさせてもらうのを待つとか次のターンを待つのは不確定要素が多すぎて不安ですからね。

というか普通に妖魔が先に倒されて終わりです。

 

 

さてどうしたものか。

太陽の書とかは論外として、何かいいものありましたっけ?

 

うーん…

シャドール…リバース…ん?

 

ハウンドがいるじゃん!!

 

 

ハウンドは効果で墓地に送られたときモンスター1体の表示形式を変更できます。

つまり、リバースさせられる!

 

 

おお…!

なんかよさそうですね。

ではどうやってハウンドを墓地に送りましょうか……

 

( ゚д゚)ハッ!

 

妖魔の(2)を見直してみて下さい。

デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り…

 

デッキから!

墓地へ送り!

 

ハウンド墓地に送れるやん!!

 

 

妖魔の(2)を発動!

ハウンドを墓地に送り手札のモンスターをセット!

処理後にハウンドの効果発動!

セットしたモンスターをリバース!

それをトリガーに妖魔の(3)が発動!!

 

 

……完璧だ。

やっぱりハウンドは要らない子やなかったんや!!

 

 

更にここでヘッジホックをリバースさせていれば、写し身をサーチしながらファルコンを妖魔で回収して相手ターン写し身でアド&アド!

 

ミドラが出るので妖魔が生き残りやすくなるのも見逃せないポイントです。

 

ファルコンが生き残れば次のターンリバースしてまた妖魔の(3)が使えますし、死んだとしても妖魔の(2)で再びハウンドを墓地に送りながらヘッジホックでサーチしたシャドールをセットすれば、それはもうキモいことになるでしょう。

 

珠ゲンガーも腰を抜かすレベルのアド。

笑いが止まりませんな!!

 

アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ

 

 

まとめ

  1. 堕ち影を使って出す!
  2. ハウンド落とす!
  3. アドアド&アド!!

 

 

 

強すぎィ!

 

出せば絶対1アド以上取れるモンスターなので、隙あらばガンガン出していくべきです。

 

全盛期には絶対アド損しないマンとまで言われたシャドールですが、このカードを使えばよりアグレッシブにアドが取れる様になるでしょう。

 

 

それにしてもここ最近のハウンドくんの出世っぷりには目を見張るものがありますね。

アイオーンの登場で「そこそこ使える」くらいの評価にはなってましたが、ここに来て「1枚は欲しい」程度の有能になりました。

 

これからの純シャドールでは堕ち影3、ハウンド1がスタメンになりそうです。

 

 

アカシックマジシャンも妖魔も出て追い風がビュンビュン吹いているシャドール、皆使おうぜ!!

 

 

 

あとはネフィリムさえ帰ってくれば完璧なんだけどなぁ…

 

ではまた!