読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊☆戯☆王 頑張るモンスターズ

主に遊戯王について書いていきます どうぞご贔屓に

三沢のインテリカード郡についての考察

皆さんこんにちは。

本日…と言ってもこの記事を公開している時点では昨日だと思いますが、Vジャンプフラゲが投下され、結構な数のカードが判明しました。

その中から今回は三沢の使ったカードのリメイク、ウォータードラゴン関連のカードを見ていきます。

 

 

 

ウォータードラゴンークラスターについては以前の記事で考察しています。↓

 

nakajiki.hatenablog.com

 

 

  •  デューテリオン 


f:id:kiribosisama:20170517234956j:image

効果モンスター

星5 水属性 恐竜族 ATK/2000 DEF/1400

このカードの①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」のいずれか1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

来るんじゃなかろうかと想像はしてましたが、やはりサーチカードが来ました。

しかもこれ多分スーレアですね。

 

ボンディングサーチは無条件に便利ですが、2の効果はやや重く感じます。

というのも、最初は気づきませんでしたがこのモンスターレベル5なんです。

なのでペンデュラム召喚やミセラでの展開など、一工夫必要になってくるのがネックです。しかもミセラと蘇生は相性が悪いという。

さらに、蘇生なので墓地を先に肥やしておく必要があります。

これは難しいですね…いくらオヴィラプターやミセラ調査があるとはいえ、手札にこいつ、墓地に蘇生対象、そしてペンデュラムスケールと揃えるのはかなり難儀です。

何かしら他に新規がきてくれないと厳しそうですね。

 

元ネタはなんなんでしょうか。

化学に関連した何かだと思うんですけど私にはわかりませんでした。

一応化学でDといえば水素の同位体重水素のことらしいです。

さずがにアスパラギン酸は関係ないと思います。

デュートリオン~っていう科学技術がガンダムにあった気がしますが、まさかね?

 

 

  • ボンディング-D2O


f:id:kiribosisama:20170517235857j:image

通常魔法
このカードの②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドの「デューテリオン」2体と「オキシゲドン」1体をリリースして発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで「ボンディングH2O」の効果の扱いとして特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」がフィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。墓地のこのカードを手札に戻す。

 

ボンディング魔法です。

デューテリオンとオキシゲドンをリリースしてウォータードラゴンを出せます。

しかもクラスターのみならず本家にまで対応しているので、ボンディングH2Oとハイドロゲドンはだいぶいらない子になってしまいました。

 

ウォータードラゴンがやられた時に回収できる効果をもっていますが、もう一度素材を集めるのが難儀です。

ウォータードラゴンの効果でハイドロゲドンとオキシゲドンを蘇生できますが、このカードにハイドロゲドンが対応していないという謎。

デューテリオンに「このカードはルール上ハイドロゲドンとして扱う」のテキストを入れ忘れたのかな?

 

D2Oってのは重水の化学式ですね。

字のまんま普通より重い水のことです。

しかしこれがかなり危なっかしいものらしくて、魚は死ぬわ植物は枯れるわ。

取り扱いには充分注意して下さい。

 

 

 

  • ボンディングDHO


f:id:kiribosisama:20170518001247j:image

通常罠
①:自分の手札・墓地から「デューテリオン」「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」を1体ずつデッキに戻して発動できる。自分の手札・墓地から「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで手札に加える。

 

スタ速(迫真)

 はい、ということで私が以前予想したボンディング罠は見事に外れました。

 

こちらは墓地を利用できる代わりに、ウォータードラゴンはデッキから出せなくなっています。

罠なので相手ターンにクラスターを出したいですね。

 

よくみるとこっちはハイドロゲドンまで使うんですね。いらない子ではなかった。

しかし必要な素材が三種類になってしまっていて、揃えるのがより面倒な気がします。

デューテリオンとラプターと何かで、このカードと一緒に揃えるのがベスト。

 

で、墓地から除外してウォータードラゴンをサーチできます。

しかし手札にウォータードラゴンがあって嬉しいことが全く思い付かない。

このカードですら墓地から出せるので無意味です。

なんだこれ。

 

DHOは、こちらも重水を指しています。

小難しい話ですが、自然界ではこちらの分子式で存在するものがほとんどだそうです。

違いが気になる方は調べてみて下さい。

 

 

 

まとめ

弱い!

思ってた3倍弱い。

おそらく最低もう1枚はサポートが来るはずです。むしろ来ないと困る。

じゃあ来てから記事書けよ!

はやく書きたかったんだよ!

 

ではまた!