読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊☆戯☆王 頑張るモンスターズ

主に遊戯王について書いていきます どうぞご贔屓に

《EM五虹の魔術師》活用術

皆さんこんにちは。何かお洒落な挨拶を考えたい中敷きです。

今回は先日の公式フラゲで判明した《EM五虹の魔術師》について考察していきたいと思います。それではレッツエンジョオオオイ!!(五光違い)

 

《EM五虹の魔術師》

f:id:kiribosisama:20170427102527j:image

 

五虹はアークファイブの最終回で登場したカードらしいです(未視聴)。カルタとも揶揄されていたアニメ効果はこちら。

【ペンデュラム効果】
お互いのプレイヤーはそれぞれ以下の効果を得る。
(1):自分がカードをセットした場合に発動する。そのターンを終了する。
(2):自分がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合に発動できる。
そのカードをセットする。
(3):自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードが4枚以下の場合、自分はドローフェイズをスキップできる。
スキップしなかった場合、自分はターン終了時まで魔法・罠カードをセットできない。
(4):自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードが4枚以下の場合、
自分フィールドのモンスターの攻撃力は0になり、攻撃できず、効果を発動できない。
(5):自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードが5枚の場合に発動できる。
このカードの(1)(2)の効果の発動を無効にする。
その後、自分フィールドの全てのモンスターの元々の攻撃力は倍になる。
【モンスター効果】
(1):お互いのプレイヤーはそれぞれ自身のモンスターゾーンにPモンスターが5体存在する場合、以下の効果を得て発動できる。
●自分フィールドの全てのモンスターの元々の攻撃力は倍になり、直接攻撃できない。

 

ペンデュラム効果のドロー、セットに対するややこしい制約は全て撤廃されており、かなり扱いやすくなっています。その分ルール変更の煽りを受けていますが…

そしてセットカードの枚数に応じた効果ですが、アニメ版では4枚以下で適用されていた効果が0枚の場合のみ発動となっています。よく言えば使いやすく、悪く言えば牙を削がれてしまっています。

OCG化に際してマスタールール4の影響を最も大きく受けているカードの1つでしょう。

一方モンスター効果は完全に別物になっています。

 

このカードを見た第一印象は、使いづらい

まず“ペンデュラム”と“セット”は相性が悪い!

以前はそうでもなかったのですがルール変更によりペンデュラムスケールが魔法罠ゾーンを圧迫するようになってしまったため、何枚ものカードを伏せるのは困難になってしまいました。

五虹を使用するならペンデュラム効果の4枚以上の方を活用したいですが、ペンデュラムスケールを両方貼っていると4枚伏せられない!


f:id:kiribosisama:20170427105859j:image

これは由々しき問題だぁ

 

そして肝心の効果。

0枚時の効果は非常に拘束力が高いですが手札を伏せるだけであっさり破られてしまいます。逆に言えば自分もこの効果を回避することは容易でしょう。

4枚時の効果は攻撃力倍化。おっpや虹彩の魔術師との相性がいいですが、相手に発動されるとワンキル不可避というリスクもあります。

しかしこれらの効果は0枚と4枚でしか発動しないため、大抵の場合は何も起きないと考えられます。

そしてエクストラデッキからしかペンデュラム召喚できないという重い制約がかけられています。これは12という非常に大きいスケールに対してのデメリットですがキツすぎる。

新ルールをこういう部分の調整に利用するのはやめていただきたい。

 

モンスター効果の方はカードがセットされた時自身を墓地からスケールにセッティングする、というもの。

条件がかなり緩いため手札コストなどにしてもアド損を抑えられるでしょう。

 

まあこのようにマスタールール4とことごとく相性が悪いわけです。

しかしどちらも決まれば強力な効果。ということでこのカードのポテンシャルを最大限活かす方法を考えていきます。

 

五虹の就職先はどこだ?

五虹の有効な使い方、相性の良いカードや使えるデッキを探しましょう。

 

  • プラン1  魔術師デッキに入れてみる

五虹の魔術師はEMと魔術師の両カテゴリーに所属しています。そのため、【魔術師】に投入するのが最も自然な使い方かと思われます。

特に相性が良いのは虹彩の魔術師とペンデュラムマジシャン。
f:id:kiribosisama:20170427120344j:image

戦闘ダメージが倍になるため攻撃力倍化と合わせて大きなダメージを与えることができるでしょう。

更に自身を破壊することで魔法罠ゾーンを空けながらセットすることのできるペンデュラムグラフをサーチできるため非常に噛み合っています。

しかし大きな問題が1つ。それは五虹の効果を発動するためにはペンデュラムグラフを発動できないという点です。サーチしたもののみならず展開途中でも発動できません。これに対してのリターンが打点アップでは釣り合っていないと言わざるを得ないです…

 

EMはどうでしょうか。


f:id:kiribosisama:20170427122112j:image

ペンデュラムマジシャンでスケールを破壊しながら五虹をサーチできるため相性は抜群!

 ラディッシュホースなどでミセスを立ててペンデュラム召喚できる数を増やすということもできます。

EMは元が脳筋テーマなので打点アップとも方向性が統一されています。セットするカードの確保という問題さえ乗り切れば最も有力な採用先かもしれません。

 

  • プラン2   スケール要因として出張する

デメリットのないスケールは8が最大であり、レベル8以上のモンスターをペンデュラム召喚するには何らかの専用カードを使わなくてはならないことがほとんどです。

五虹もデメリットはあるものの、召喚できるモンスターの種類についての制約はない。そのため、高スケール要員としてなんらかのデッキに採用できるかもしれない。

ということでレベル8以上のペンデュラムモンスターからよさげなものを探してみよう。

 

・《涅槃の超魔導剣士》

・《アモルファージ・イリテュム》

 

以上だ!

手札から出せないのが非常に厳しい。高レベルペンデュラムは何かしらのカテゴリーに関したものが多く、有用そうなものが少ない。

そもそも高スケールには条件付きだが普通にペンデュラム召喚が可能なスケール13の《覇王門無限》が存在しており、こちらは使い勝手が大きく劣る。

こちらが優れているのはモンスターがフィールドに存在していても良いという点だ。つまり、リンクを活用するしかない。

出せるモンスターを増やしつつ、ペンデュラム前にも展開が可能。この点で差別化するしかない。

しかし私にはリンクをしつつニルヴァーナを使い回すことに意義があるデッキは思い付かなかった。非力な私を許してくれ…

 

  • プラン3   ペンデュラムと関係ないデッキで使う

制約がキツいのならなにも無理にペンデュラム召喚する必要はないのではないでしょうか?

ということでペンデュラム以外でこのカードを使いこなせるデッキを探しましょう。

 

五虹の特徴をおさらいします。

  1. レベル1
  2. 打点アップ効果
  3. 伏せがなければスキドレ+α
  4. 墓地からスケールにセッティング

 

1はワンチャン!?に対応しているため一応サーチが可能です。ワンチャンを自然に採用できるデッキならピンでも使えるかもしれません。

 

2は戦闘でアドをとるテーマ、剣闘獣や月光などと相性が良いでしょう。

 

3は、相手にカードを伏せさせないようにすればかなりの性圧力を発揮することでしょう。特にダムルグとのコンボは強烈です。

 

4は手札コストを必要とするカード、ツインツイスターなどを多用するデッキと相性がいいことを示しています。

 

まとめると、

レベル1を主軸としており、

ダムルグを出すことができ、

戦闘に重点を置き、

伏せ除去を多用するデッキ。

 

そんな都合の良いデッキがあるか…?

 

あ り ま し た


f:id:kiribosisama:20170427143952j:image

リリカル・ルスキニアです!!

 

リリカル・ルスキニアはレベル1風属性鳥獣族で統一されたテーマ。ワンチャン!?や金華猫、ジェスターコンフィが自然に採用されるため、サーチやダムルグのコスト確保は容易。

アセンブリナイチンゲールによるワンキルを基本戦術とし、安全に戦闘を行うために伏せ除去を多用します。

 

正に!正にピッタリじゃないか!

五虹と相性の悪いストイックチャレンジなどの装備を抜いて入れるのがいいでしょう。

 

まとめ

五虹の魔術師は使おうと思えば割と使える。

しかし、わざわざ使う意義は薄い。

 

こんな結論になってしまうのは残念だが“面白い”の域は出ないとしか言えないです。

 

ではまた!