遊戯王 頑張るモンスターズ

主に遊戯王のカードの考察とかデッキ紹介とかしてます

古代兵器【アマリリスカウンター】について

皆さんこんにちは。自分のキャラがまだ掴めない中敷きです

初回にして謎のチョイスですが、今回はアマカンというデッキを紹介したいと思います

説明っ!【アマリリスカウンター】とはッ!!

“フェニキシアン・クラスター・アマリリス”と“ヴォルカニック・カウンター”を軸とした変則ビートバーンである!

まずフェニキシアンクラスターアマリリスについて説明します


f:id:kiribosisama:20170426000251j:image

効果モンスター
星8/炎属性/植物族/攻2200/守 0
このカードは「フェニキシアン・シード」またはこのカードの効果でしか特殊召喚できない。
このカードは攻撃した場合、そのダメージ計算後に破壊される。
自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
相手ライフに800ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時、
このカード以外の自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。

 

植物をコストに自己蘇生、戦闘すれば自爆、微妙なバーン効果。

実に面白いカードでしょう?これはファンデッカー心をくすぐられますね…

そしてもう一枚、デッキ名の片割れヴォルカニックカウンターも先に紹介します。


f:id:kiribosisama:20170426000706j:image

効果モンスター
星3/炎属性/炎族/攻 300/守1300
このカードが墓地に存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動する。
墓地のこのカードをゲームから除外し、
自分の墓地に「ヴォルカニック・カウンター」以外の炎属性モンスターが存在する場合、
自分が受けた戦闘ダメージと同じ数値のダメージを相手ライフに与える。

 

これまた独特な効果をもったカードです

戦闘ダメージを相手にも与える効果ですがいくつか注意点があります。

まずこの効果は強制効果なのでどんな微弱な戦闘ダメージでも勝手に発動してしまいます

これをアマカン界では暴発と言います(ホントか?)

そしてこのカードは一度の戦闘ダメージで複数枚発動することが可能です。

ここまで言えば察しの良い決闘者なら何がしたいかお気づきでしょう…そう、このデッキの最大の勝ち筋はカウンターを墓地に溜めて一気に起爆!倍返しだ!!(古い)

ではデッキ紹介に移ります

 

【アマリリスカウンター】

  • モンスター×25

最上級×3

フェニキシアン・クラスター・アマリリス×3

下級×22

ローンファイア・ブロッサム×3

イービルソーン×3

にん人×1

グローアップバルブ×1

スポーア×1

ダンディ・ライオン×2

ヴォルカニック・カウンター×3

ライトロード・アサシン・ライデン×2

ライトロード・サモナー・ルミナス ×2

超電磁タートル×1

クリバンデッド×3

  • 魔法×8

光の援軍×3

死者蘇生×1

異次元からの埋葬×1

愚かな埋葬×1

ワン・フォー・ワン×1

炎王炎環×1

  • 罠×7

針虫の巣窟×3

破壊輪×1

停戦協定×1

光の護封霊剣×2

計40枚

 

エクストラ×15

ライトロードセイントミネルバ

森羅の姫宮

希望皇ホープ

ホープザライトニング

リヴァイエール

エネアード

フォーミュラシンクロン

レッドデーモンズドラゴンスカーライト

HSRチャンバライダー

ブラックローズドラゴン

月華竜ブラックローズ

クリストロンーグリオンガンド

トポロジックボマードラゴン

デコードトーカー

ファイアウォールドラゴン

各1

 

安定の墓地肥やし要因であるライロセット、フル投入されているクリバンや針虫を使ってとにかく墓地を肥やし、アマリリスの再生やカウンターを決めてライフを削るというのが基本戦術です。

バルブやスポーア、ライオンなどの存在からシンクロやエクシーズ、リンクなどもある程度手広く展開することが可能です

 

キーカード

マリリスカウンター以外で特に重要だと思われるカードについてピックアップします

 

  • にん人


f:id:kiribosisama:20170426002932j:image

効果モンスター
星4/闇属性/植物族/攻1900/守 0
「にん人」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「にん人」以外の植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

手札の植物族を切って自己蘇生できます。

このデッキではアマリリスの餌となる植物族が、最低10枚は必要です

しかし植物は墓地に眠っていて欲しいカードばかりで素引きの事故が怖い…

そんな悩みを解決してくれるのがこのモンスター。

特に手札の肥やしになっているアマリリスを切れるのは大きく、自身も墓地コストになれるという噛み合いっぷり。素晴らしい!

 

  • 異次元からの埋葬


f:id:kiribosisama:20170426003419j:image

速攻魔法(制限カード
(1):除外されている自分及び相手のモンスターの中から
合計3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

 

このデッキの影の切り札。

攻撃宣言時にヴォルカニックカウンターを墓地に戻す快感ったらもう筆舌に尽くしがたい程!

ただし制限カードである。アンデット許すまじ

 

デッキの立ち回りについて

このデッキは墓地で勝つデッキといっても過言ではないため、時間を稼ぎながら墓地を肥やすことが重要です。

この際カウンターが暴発しないよういくつかの点に注意して立ち回る必要があります

  • 棒立ちエンドは避ける

例えばライデン棒立ちでエンド!などはよくやりがちですがこれは危険です。

ライデンの効果でカウンターが落ちてしまった場合、暴発はほぼ確定してしまいます

ではどうやってこれを回避するか。

第一に守備表示での展開を心掛けることです

ライデンはルミナスとセットで出してシンクロ素材にする、姫宮などエクストラのモンスターは基本守備で出すなど、とにかく中途半端にダメージを貰わないよう注意して下さい

墓地に霊剣が落ちている時などはクリバンデッドなどでわざと場を空けるというのも一考です

  •  効率よく植物を溜める

ロンファ×3→ソーン→姫宮で一気に7枚の植物を吐き出すことができるのでこの流れを第一に行いたいです

圧縮すればその分カウンターなども落ちやすくなりますしね。

マリリスを炎環で破壊しつつロンファ蘇生のムーヴは正に一石二鳥。呆れるほど有効な戦術だぜ…

 

このデッキの魅力

なんといってもカウンターの起爆タイミングを伺う駆け引きが非常に面白い!

バーン特有の理不尽なワンキルもなく、先行制圧なども行わない、しかし決して弱くはないというデッキの鏡。

相手が追い込まれる程にアマリリスの圧力が大きくなっていくのも見所。

カウンターが墓地に落ちるハラハラ感、フリーデュエルで使えば盛り上がること間違いないなし!これぞエンタメデッキ!

比較的安価なカードばかりで構成されており、アマカン初心者にもお勧めできるスタンダードな【アマリリスカウンター】に仕上がっていると自負しているので是非ともお試しを!

また、アマリリスカウンターは非常に構築の自由度が高いため自分でカスタマイズしていく楽しみも大きいです。

今回は“ランダム墓地肥やし型”を紹介しましたがこのブログでもまた違うタイプのアマカンを紹介したいと思います!

 

最後に、まともな記事を書くのは始めてなので見辛い点などありましたら指摘していただけるとありがたいです

ではまた!